【ヒーリングサロンソフィア】はいくつもある?

季節はすっかり春から夏へ向かっています。

このところなかなかブログの更新ができずにおりましたが、今日はあるお問い合わせのお電話をいただいたことから、皆さまへお知らせの意味あり、ブログを久しぶりに更新しようとパソコンに向かいました。

きっかけとなったのは、仕事中にかかってきた一本の電話

「ヒーリングサロンソフィアさんですよね?私は、金融業をしていますが・・・」

電話をとると受話器の向こう側から男性の声での第一声でした。

続いての内容に耳を傾けると、その男性は続けて

「ヒーリングサロンソフィアという屋号は、全国にいくつあるのですか」
「ヒーリングサロンソフィアをしているという人が、全国のあちこちで融資を受けていて、『自分はヒーリングサロンソフィアを○○でやっている△△(名前)で、サイトはこちらだ』とURLを教えられたのですが・・」

サロンにいらしてくださっている方はご存知ですが、サイト内にも記載している通り、【ヒーリングサロンソフィア】は、私が一人でやっているプライベートサロンです。

私:「ヒーリングサロンソファという名前が、全国にいくつあるのかはわかりませんが、うちは屋号をこの名称で登録はしています」

男性:「スタッフや従業員は、他にいるのですか」

私:「屋号の届出を出してからずっと私一人でやっていますから、スタッフも従業員もおりません」と答えると

男性:「では、他に支店とか暖簾分けをしたということはありますか」と言われました。

どのような融資なのか、ヒーリングサロンソフィアのサイトを何故自分のサイトだと確認を取られればわかるようなことを記載した(?)のかは、その男性の話を聞いただけではよくわかりませんでしたが、

私:「その相手に被害を受けたということでしたら、警察に被害届けを出すと同時に、うちの方にも詳細を送っていただければ、うちからも警察に届け出ますので、サイト内のメールフォームで詳細を送ってください」といったところ

男性:「あちこちでお金を借りているようなので、注意してください」等の二事、三言の後、電話が切れました。

公開してから半年あまりのこのサイトとブログですが、いろいろな意味で見られているという一つの現れを象徴していると思った出来事でした。

私は、大学時代は法学部で法律を学び、卒業後は、弁護士をしていた父の秘書を父が亡くなるまでの7年間していました。

そういう経験が女性一人でのサロン経営にとても役立っていること、細かい条文はもうすっかり頭から抜け落ちてはいますが(笑)法律的な『権利関係』を実践レベルで理解していることが、事あるごとに判断し対処することの基盤になっていることを感じます。

母がよく口にしている「人生無駄なことなどない」ということは本当だとつくづく思いますし、幼い頃からプレッシャーや反発を感じてきた父の存在が、私に本当に多くのものを与え、育んでくれたのだとあらためて気づき、感謝の気持ちになります。

現在、私のこれからの活動について様々な思いを巡らせていますが、個人で治療院やサロンを経営されいてる方々に(特に女性に)経営の実務に関してのアドバイスやコンサルをし、恐怖や不安を抱えて頑張っている方々に私が出来るサポートをさせていただきたいと思います。

どのような形になるかは未定ですが、また追々皆様にご報告させていただきます。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

「こんな時は、どうしたら良いのだろう」
「こういう症状には、何が効果があるのだろう」etc.
心と身体の悩みを、先ずはお気軽にご相談ください。

24時間メール無料受付をさせていただいております。

※《ご相談、お問い合わせ》は、右上のお問い合わせフォームまたは
《ご予約・お問い合わせ》をクリックしてください。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です